Fashion cube

Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィチ)

Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィチ)、通称アバクロについて解説していこうと思いますが、まずは基礎から行きましょう。

アバクロとは?

アバクロは、今ではアメリカで人気のカジュアルブランドです。今でこそ、レディースのほかガールズにボーイズ用も数多く販売されていますが、もともとは、メンズ用が主だったそうです。また、その中でもカジュアルな感じではなく、無骨なものが多かったようです。1900年頃当時の客層は、大体が男性客で、「老人と海(The Old Man and the Sea)」で有名な、へミングウェイもここで、釣り道具などの購入をしていたそうです。どちらにしろ、男性1人で来ることはあっても、女性が1人で来ることはほとんど無かったそうです。
今では女性向けのファッションも用意していてワンピースなんかも多くなってきています。色々な ワンピースがあるので女性の好みで選ぶ事が出来ます。しかしワンピースなどが増えていてもやはりまだ男性用が多いようです。それと私は自信はアバクロも好きなんですが、昔から着ているユニクロ、GAP、H&M更にリーバイスなんかも好きなんです。

今では、アバクロはアメリカ国内に、350を超える店舗があります。それ以外には、カナダやイギリスなどにもありますが、それは数えるほどで、海外への進出というのは、それほど積極的ではなかったようです。しかし、日本にも、2009年の冬に日本の銀座に進出を予定しているようです。しかし、2009年の冬とは、1月と2月、もしくは12月とあり、その差は12ヶ月です。いったい、何月でしょうか?

もしかしたら、日本の不景気、というより、世界の不景気が終わるまで、来ないかもしれませんし、もう来ているかもしれません。その辺は、巷の情報通(自称も合わせて)に聞いてみましょう。

冗談はさておき、実際は開店したら、メディアで騒がれると思いますので、それを確認すれば問題ないでしょう。買いに行くと言うなら、近場の人なら、すぐに行けるでしょうが、遠くにいる方は、ある程度の時間とお金のゆとりを持っておきましょう。ちなみに、レディースなどは即完売が普通だそうです。

ネットで購入

アバクロを購入したいと方の中では、ネットでの購入を行っている方も多いようです。しかし、上記にも書いたように、売れ筋名商品はすぐに完売が普通ですので、入荷されてもすぐ完売が当たり前です。オークションやアバクロを入荷予定している所で買うとしても、関税や送料などの関係で割高になってしまうことが多く、また、人気の商品だと、それだけで値段が上がることもあると思います。

そこで、買うのは銀座に店がオープンしてから買うのが、最もいいかもしれません。銀座まで行く時間がないのなら、その店がネットでの通販を行ってくれるのを待つのもいいと思います。今すぐ欲しいという方には向きませんが、いつかは買いたいという方なら、この方がいいでしょう。

ちなみに、ネットでの購入をする場合は、関税や送料と手数料、消費税がかかります。この場合、個人輸入になるためです。関税は輸入した商品に違い。革製品では、衣料品は種類によっても違いますが、毛皮のコートでは、約20%とも言われています。つまり、100,000円のコートなら120,000円になるということになります。それに手数料などの他の料金もかかりますので、100,000円の毛皮のコートなら125,000円以上を覚悟しておきましょう。

何人かでまとめて買って、関税はその何人かで分割するのもいいと思います。また国内よりも、得になるように買い物するなら、3〜4万近くの買い物をしたほうがいいでしょう。ネットサイトも数多くでてきました。アバクロの個人輸入に関しては、詳しく紹介しているサイトもありますので、そのサイトを頼りにして、購入するのもいいでしょう。

おすすめメンズファッション情報

ブランド物のメンズファッションが多数紹介。正規店だから安全安心の品揃え

http://www.deepinsideinc.com/